第2回 築地de朝勝(聖なる朝は、心理学がブーム?)


25日 第2回目の築地朝勝を行いました。

この忙しい師走&クリスマスにも関わらず、
本日も、意識の高いメンバーが集まってくれました。
今回は、リピートの方、初参加の方と主催者2名と計5名で開催。
各本についてのディスカッションの時間も取れ、
気づけばあっという間に終了の時間となりました。

今回の読書会は、不思議な事に「心理学」系の本をお持ちの方が多くいらっしゃいました。
(心理学に関心があるってことかな)

下記紹介頂いた本をご紹介します。

●30代 男性 Kさん
 タイトル:本当に分かる心理学
 著者:植木理恵
 コメント:心理学は、すべてに通ずる。
      群集心理学など、分かりやすい心理学

●30代 男性 Mさん
 タイトル:失敗の本質 ⇒KINDLEで登場!
 著者:野中 郁次郎 
 コメント:古典 なぜ失敗してしまうのか、かつての日本軍を題材にかたられており、
 現代のリーダーシップにも活かせる本。
 撤退ラインってどうやって決めるか?について、
 ディスカッションしました。

●30代女性 Nさん
 タイトル:もう一押しができない! 優しすぎるひとの心理学。
 コメント: 図解的な分かりやすくもう一押しできるための心理学についての本
 
 見た目が大事(心理学)
 大統領は左わけが良い。赤のネクタイをする(カラー心理学)
 インテリアも同じ(心理学) 。。。などなど たくさんディスカッションしました。 

●20代女性 Mさん
 タイトル:エジプトがすきだから
 著者: なかがわ みどり / ムラマツ エリコ
 コメント:旅行記
 どんな時でも、お祈りをする。
 なぜ女性は肌を隠すのか?⇒恋人への愛がないから
 なんでもチップをせがむなど。
 実際に旅行に行くより詳しく書かれている本。
 
 M氏 サウジアラビアでは、警察や病院など全てのサービスにお金を払う
 など、日本との習慣の違いについてディスカッションしました。
  
●30代男性 Jさん 
 タイトル:嫌われる勇気
 著者:岸見 一郎、 古賀 史健
 コメント: 自己啓発書の源流となる アドラー心理学を
       ひねくれ青年と哲人の対話形式の本
       青年がアドラー心理学の哲人との対話でどのように
       変化していくかが興味深い。

 アドラー心理学ブームの火付け役となった本。

●30代男性 Jさん 
 タイトル:伝え方が9割
 著者:佐々木圭一
 コメント: なぜ、伝え方で結果が変わるのか?
      この本で学べば、あなたのコトバが一瞬で強くなり、
      人生が変わります。

 人に頼むとき、メールで連絡を取るとき、全てのコミュニケーションを
 取るときに伝え方って大事になりますよね。などをディスカッションしました。

1225築地de朝勝読書会

****************************** 
あとがき
******************************

今回、第2回目と言うこともあり、
リピーターの方は積極的に意見を言えるようになったり、
本の紹介の仕方についても工夫されておりました。すごい進歩です。
そんな雰囲気も後押ししてか、
初参加の方も積極的にディスカッションされていました。

また、この会についても参加頂いたメンバーで
どんどんアイデアを出し合って
今の生活のプラスアルファとなるような
企画を2015年はしていきたいと考えています。

今回参加頂いた方、本当にありがとうございました!!


次回は、1月初旬に開催予定としています。 
また開催日程をご案内します。

 
それでは、良いお年をお迎えください!! 
 

Best wishes for the New Year! 
 
 
主催: あおい ツバサ  
 

人気の投稿とページ

ワンハンド時間管理術

ワンハンド時間管理術 メール講座 お申込みフォーム

夢をかなえる 誰でも簡単に続けられる
『ワンハンド時間管理術』メール講座
お申込みフォームです(n‘∀‘)η

メール
名前(姓)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事