優先順位の判断基準


時間管理研究家 ツバサです。

 

今日は、昨日の続き
やることが多くて
優先順位が決められない方へ

のメッセージとしてお送りいたします。

 

昨日は、優先順位のマトリクス図ついて
説明させて頂きました。

 

 

今日は、このマトリクス図の
大きな落とし穴について
説明します。

 

この4つのパターン。

①緊急である / 重要である

②緊急ではない / 重要である

③緊急 / 重要でない

④緊急ではない / 重要でない

よーーーーくあるパターンが、、
①と③がごっちゃになっている。

 

多くの方が、緊急=重要(先にやらねば)

 

となってしまいます。

セミナーや個別面談で、
具体的に、①③をリストアップしてもらうと

①緊急である / 重要である
③緊急である / 重要でない

③を先にやってしまっていたり、
実際紙に書いてみると、重要ではないと
分かってはいるけど、ついやってしまう。

そんなケースが非常に多いです。

今一度、

①緊急である / 重要である
③緊急である / 重要でない

をリストアップしてみてください。
結構、人からの頼まれごとで、
重要でないのに、そちらを優先して
やってしまうことが多いかと思います。

人気の投稿とページ

ワンハンド時間管理術

ワンハンド時間管理術 メール講座 お申込みフォーム

夢をかなえる 誰でも簡単に続けられる
『ワンハンド時間管理術』メール講座
お申込みフォームです(n‘∀‘)η

メール
名前(姓)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事