アメリカで逮捕されました その3


前回は、アメリカ留学中に、

公園でローラーブレードをしていたら、
ポリスがやってきて、
何故だか、拳銃を突きつけられて、
ポケットにある携帯を見せようとしたら、
”フリーズ”(動くな!!)
 
と2人の警官が、
銃口が自分に向けた
所までお伝えしました。。。
 
 
以下続きです。。
 
 
 
拳銃を急に突きつけられた事に対して、
後で友人が言うには、、、ポリスは、
 
 
ポケットに拳銃など入っていて、
報復行為をすると警戒したらしい。。。
 
 
 
 
なので、一度上げた手は、
不用意に手をさげてはイケない!!
 
 
 
という教訓を得ました。。
(あおい家の家訓にしますw)
(今後この教訓を生かせることは
 もう二度と無いと思いますが。。)
 
 
 
 
 
結局、、その後、
パトカーに手をつきながら
身体検査(ボディチェック)
を受けながら、職務質問。。。
 
 
出身は?
年齢は?
学校・仕事は?
住まいは?
何しにロスに来たのか?
なぜここでローラーブレードを
やっているのか?
 
 
これも、ネイティブだから
英語が非常に聞き取りにくいし、
パニクッてるから、
英単語がなかなかでてこないし。。
 
 
もう、パドゥン?(もう一度言って!)
の連続。。しか言ってませんでした。
おそらくポリスも、
それに腹をたててました。
 
 
結局のところ、ポリスが言うには、
この公園で遊ぶのは夜の19時くらいまで
らしく、近所の方から通報があったとの事。。
 
 
んっ。。。
 
 
 
それ拳銃突きつけるほどの出来事??
とかなり疑問を持ちましたが、、、
 
 
 
結局は、
アメリカの拳銃社会の文化が背景として
大きく影響しているんだと実感。。
 
 
つまり、
ポリスも防衛する為には、
徹底しています。
(日本とアメリカの大きな違い)
 
だから、ちょっとした通報も
わざわざ拳銃もって駆けつける。
と言うこと見たいです。。
 
その銃に対する認識
ギャップを感じたのが、
今でも語られる日本人留学生の
悲しい出来事です。
 
あるハロウィンパーティーのイベントで、
ロスの学校に通う日本人留学生(服部さん)が
お菓子をもらう為に、各家に廻っていた時に、
とある家で、コスチュームが不気味だと思ったのか?
 
「フリーズ」(動くな)
 
拳銃を向けて言われたことに、
 
 
 
「プリーズ」(どうぞ)
 
と勘違いして、
 
近寄ったところで、
 
「ズドン」 と撃たれて
亡くなってしまったという事件がありました。
 
 
 
自分も留学中にホストに聞いたところ、
ほとんどの家庭で護衛用に必ず、
ひとつは銃を持っているとの事。。
 
 
銃社会は必要なのか?
と無知な当時の自分が聞いたところ、
 
 
いつどこで、
ピストルが向けられたり、
強盗が入るか分からない社会だから、
 
本当は持ちたくはないが、
持たなければならない。。
 
 
なので、だれが拳銃持っているか?
本当に分からないですからね。。。
(狂った子供が、
教室で乱射なんてこともあったりします)
 
 
 
 
そんなこともあり、
単なるいわば子供の遊びにも、
わざわざポリスが銃持ってくる社会なんですね。
 
 
結局、最後は、ポリスが日本人だからと、
からかっていたと思いますが、
 
 
拳銃を突きつけて、
 
 
「ゲラウェイ(Get Away)
 あっちえ行け!!」
 
 
と自分たちが走って
逃げるのを笑っていました。。
(悔しい気持ちもありましたが、
 怖くて逃げる方が先)
 
 
こっちは、
何が何だかわからないので、
もうとにかくこの場を
立ち去ることで精いっぱいでした。。。
 
 
 
実は、たった15分の出来事でしたが、
この時ほど、時間が長く、
止まったと思った瞬間はありませんでした。。
 
 
3時間くらいの感覚でした。。。
 
 
 
そんなアメリカでの経験もあったので、
多少の事があっても、いまはも大丈夫!!!
 
 
 
と思えるようになりました。。
 
 
 
そして、公園での出来事以降、
例え、高速道路で割込みの車が来て、
むかついたとしても、ファ〇クなど、
汚い言葉を言ったり、
指を立てたりするのを辞めました。
 
 
だって、もしやって、逆鱗に触れ、
ピストルなんか出てきたら最悪ですもんね。。
 
 
と思うと、気安く悪い言葉は
言えなくなりました。
(悪いコトバばっかり先に覚えてしまいました笑)
 
 
そんな、
アメリカ留学中の出来事でした。
 
 
根強くはびこる銃社会の
文化を目の当たりにした
瞬間でした。
 
 
また、気が向いた時にでも、
 
 
旅のネタなどを、
綴りたいと思います。
 
 
 
最後まで読んで頂き、
ありがとうございました。
 
 
旅ネタは、またしばらく封印します。。
 
 
一言でも結構なので、
ご感想頂ければ嬉しいです。。
※ご感想が多ければ、
もうすこし旅ネタの頻度が多く
(少なく)なるかも(笑)
 
 
 
下記、読者の方から、
嬉しいコメントを頂きましたの、
抜粋してご紹介させてください。。。
⇒自分の回答。
 
・地下鉄乗ってる時に見て、思わずふいてしまいました。。
 ⇒すいません、周りに変な風に思われませんでしたか?
 
・アメリカって行った事ないですが、怖いところなんですね。。
 ⇒全部が全部ではないですよ、、、
 
・また旅ネタ書いてください。。
 ⇒ありがとうございます。前向きに検討しますね。
 
・共感しました。他の国の話も聞かせてください。
 ⇒ありがとうございます。
 ⇒ネタ満載なので次回楽しみにしてくださいね
 
登録解除の方もいらっしゃいましたが、
自分の価値観でもある「旅」も含めて
お伝えしているのが他の誰も真似することができない
自分の価値だと思っているので、
全員に読んでいただかなくても、
良いと思っています。
 
なので、このメルマガを最後まで読んで頂いた方には、
本当に感謝しております。
 
この場を借りてお礼いたします。
 

人気の投稿とページ

ワンハンド時間管理術

ワンハンド時間管理術 メール講座 お申込みフォーム

夢をかなえる 誰でも簡単に続けられる
『ワンハンド時間管理術』メール講座
お申込みフォームです(n‘∀‘)η

メール
名前(姓)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事